ボディメカニクスを使えるようになる★3つのコツ

2021年7月12日更新


こんにちは!
レフアアカデミー代表の陰山です。

 

1人以上と、「【ボディメカニクス】 うまく使えるように なるコツとは?」というテキストの画像のようです

ロミロミは、
セラピストの体に負担をかけず、
クライアントにしっかり圧をかけるために、
【ボディメカニクス】を利用して、
施術を行います。
ボディメカニクスが
正しくうまく使えていないと、
セラピスト自身の、腰や手首を痛めたり、
肩こりやむくみの原因になります。
ボディメカニクスの定義とは・・・
1,支持基底面を広くする
両足の幅の範囲を広げる
2,重心の位置を低く
膝を曲げて腰を落とし、体幹はまっすぐにする
3,重心の移動をスムーズにする
水平方向に移動する
4,重心を近づける
相手に近づく
5,てこの原理
6,大きな筋群を使う
背中や大腿の筋肉のパワーを利用する
この6つの定義を使うことで、
ボディメカニクスが発揮されます。
とはいえ、なかなか体で体現するのが難しい・・・。
そこで、この定義を頭に入れつつ、
ボディメカニクスをうまく使えるようになるコツを
お伝えします!
①体の軸をブレないように鍛える
軸がブレると、体に力が入り、
うまくボディメカニクスを使えません。
体幹トレーニングなどで体の軸を鍛えましょう。
②体の力を抜く
体のどこかに余計な力が入ると、
ボディメカニクスは発揮できません。
力任せにならないように、
「力を抜く」練習をしましょう。
③他のセラピストの施術姿を観察する
ボディメカニクスしっかり使っている
他のセラピストの動きを観察し、
自分の動きと比較してイメージトレーニングをしてみましょう。
この3つが近道です♪
レフアアカデミーでは、
このボディメカニクスを
しっかり身につくまでご指導させて頂いてます。
興味のある方はぜひお問い合わせ下さい!
【スクールのお問合せ】
レフアアカデミー
TEL:072-783-2313
メール:alohilohilomi@gmail.com
<インスタグラム>